恋愛弱者の生き残り戦略

現代のストーカー問題【執着が人を化け物にする】

ストーカー問題は愛着形成が大きな要因になっていると思います。

ストーカーは相手に愛着を抱き、それがある原因によって病的な執着にまで変化してしまうのです。

人を好きになるのは誰にでもありうることです。

しかし、それが病的な執着まで変化するには具体的な原因が存在します。

それは下記の記事で紹介した回避型の「距離感の揺さぶり」です。

相手に依存する恋愛弱者【3つの愛着タイプ】恋愛では相手に依存するとダメだとよく聞きますが、依存してるほうも依存したくて依存しているのではないと思います。ただ、そうせずにはいられない何かがあるから依存しているのだと思います。今回はそのことについて記事を書いていきたいと思います。...

よく恋愛指南本などでは「押して引いてを繰り返しましょう」などの恋愛テクニックが推奨されていますが、僕は反対です。

そんなものは相手を自分にとっての道具としてしか見ておらず、不誠実で相手への尊敬の念は感じられません。

たとえ、一時的にでも相手を魅了できたとしても、そのテクニックはいつまでも効果を持ちません。

遠からず自分の底の浅さを露呈するだけで、自分にとってのベストパートナーを探す上での遠回りにしかなりません。

女性アイドルのストーカー問題

女性アイドルをモデルケースとしてストーカー問題を考えていこうと思います。

昨今の女性アイドルは会いにいけるアイドルとして売り出しており、ファンとの距離感がとても近いのが売りとなっています。

また、距離感には身体的な距離感だけでなく、精神的な距離感もあります。

人と人との距離感
  • 身体的距離
  • 精神的距離

たいていのファンはアイドルに愛着をもったらお互いの距離感を縮めたくなる。

ファンはアイドルの握手会に行き、身体的・精神的距離を近づけることに自分の中では成功する。

アイドルにとっては身体的距離は一時的に縮めたとしても、多数の中の一人であるファンとの精神的距離が縮まることはない。

一度、心身の距離を縮めたファンはさらに愛着がわき、何回も握手会に行き精神的距離をさらに近づけることになる。

しかし、当のアイドルにとっては多数の中の一人であるファンへの精神的距離はなかなか縮まらない。

これを繰り返していると、精神的距離を縮めすぎたファンがついに行き過ぎた愛情表現をしてしまう。

これが同じ精神的距離の相手なら問題にならない。だが、まだ精神的距離の縮まっていないアイドルにとって、行き過ぎたファンの愛情表現は拒絶の対象となる。

露骨にファンの愛情表現を拒否することはないと思うが、かならずそういったアイドルの内面はファンに伝わってしまう。

そうしたらファン心理としては「あんだけ時間をかけて自分のことを受け入れてくれていたのに何で?」となる。

ファンとしてはお互いに身体的・精神的距離を縮めていってたつもりなのに、急に拒絶され精神的距離を離された感覚を持つ。

そこで「愛着は執着へと変化」します。

ファンとしては頭に?マークが浮かび、この不安・疑問を解消するために再度握手会に行きます。

そうしたらまた拒絶され出禁にされます。

ついには執着が増幅され愛憎(愛することと憎しむこと)にまで変化します。そうなったらもう危険モードです。ストーカー寸前です。

このように「愛着が執着へと変化する(ストーカーになる)」きっかけはお互いの身体的・精神的距離の誤解から、ファンがアイドルの拒絶により「距離感の揺さぶり」を受けたことです。

要するに、お互いがお互いの距離感を理解し、ただのエンターテインメント上のサービスだと割り切れればアイドルのストーカー問題は起こらないのです。

「主体性」をに持ち建設的な「相互関係」を築く姿勢を男性ファンが持てれば理想でしょう。

もし、世の中の男性全員がそういう立派な価値観を持つことになれば、ほとんどの女性アイドルは廃業なのですが(笑)

要点まとめ
  • ストーカー問題から学べることは「距離感の揺さぶり」に気をつけること
  • お互いの身体的・精神的距離感を客観的に認識し「距離感の揺さぶり」が起きないようにする
  • 意図的に「距離感の揺さぶり」を起こしてくる人間とは関係を持たないこと
  • 「Win-Win Or No Deal」精神を持つこと。そうしたら愛着が執着へと変化することはない

【2019年9月最新版】マッチングアプリのおすすめランキング

恋人が欲しいなら手っ取り早く自己投資

 

ホールデン
ホールデン
記事を読んでいただきありがとうございます!もしよろしければ、あなたのコメントを残してください。↓↓

ホールデンが泣いて喜びます(笑)

誹謗中傷や荒らし行為、公序良俗に反する内容など、他の利用者が不快に感じる投稿は削除させて頂く場合がございますのでご注意ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。