マッチングアプリ

マッチングアプリの相手とフェードアウトする方法【トラブル回避】

ホールデン
ホールデン
どうも、ホールデンです!

「マッチングアプリでどうやって安全にフェードアウトできる?」

ストーカー問題もあり、アプリを使っている女性はフェードアウトの仕方で悩んでいる人多いのではないでしょうか。

そういった女性の悩みを男の立場として回答していきたいと思います。

マッチングアプリの相手とフェードアウトする方法【トラブル回避】

マッチングアプリは基本的に薄い人間関係になりがちなので、アプリの相手とは徐々にやりとりを減らせば自然とフェードアウトができます。

具体的には

  • メッセージの返信を2、3日後にする
  • デートを提案されても「今は仕事が忙しいから」と断る

こうすれば大抵の相手は次の相手に乗り換えます。

スマホのキャリアよりも簡単に乗り換えられるのがマッチングアプリです(笑)

しかし、相手が粘着質な(ストーカー)タイプの男性の場合は簡単にはいきません。

なので、ここからはアプリの相手がストーカー化しそうな女性に向けて書いていきます。

ストーカーは起こるべくして起きている

ストーカーは起こるべくして起きていると思います。

なぜなら、世の中にはストーカーになりやすい男性と、ストーカーを作りやすい女性がいるからです。

  • ストーカーになりやすい男性=相手に依存しやすい
  • ストーカーを作りやすい女性=思わせぶりをする

この2つの組み合わせだとストーカー問題に発展しやすくなります。

この組み合わせの性別を一度、逆にしてみたらわかりやすいはずです。

  • ストーカーになりやすい女性=相手に依存しやすい
  • ストーカーを作りやすい男性=思わせぶりをする

これは完璧にホストと客の関係です(笑)

ホストの場合は、男の方が肉体的に強いのでストーカー問題のように大事にはなりません。

しかし、ストーカーになりやすい男性とストーカーにあいやすい女性の構図と全く同じです。

結局のところ、フェードアウトの方法を気をつけるべき人はストーカーを作りやすい女性になります。

ここからは、なぜストーカーは作られるのかを軽く説明します。

心と身体の距離

恋愛には心と身体の2つの距離感があります。

  1. 精神的距離
  2. 身体的距離

この2つの距離を同時に縮めるのが恋愛のセオリーだと僕は思っています。

そこで、ストーカー問題の発端は、女性がこの距離感を思わせぶりで勘違いさせることと、依存しやすい男性がそれを真に受けることにあります。

ここからストーカー男性の製造工程です。

思わせぶり女性はその気がなくても自然とボディタッチや、思わせぶりの仕草、言動を依存しやすい男性にしてしまう。

また、当の本人の女性はそのことに気付いていない(笑)

依存しやすい男性は女性の思わせぶり行動から「心と身体の距離」が近づいたと勘違いし、女性に近づく。

しかし、女性側からしたらそんなつもりは無いから男性を拒絶。

そうなると、男性は大変ショックを受けて憤り、ついにはストーカーになってしまう。

これでストーカー男性の製造が完了しました。

これから、ストーカー男性を製造しやすい女性のマッチングアプリ対策を書いていきます。

下の記事ではストーカー問題を詳しく解説しています。

現代のストーカー問題【執着が人を化け物にする】ストーカー問題は愛着形成が大きな要因になっていると思います。ストーカーは相手に愛着を抱き、それがある原因によって病的な執着にまで変化してしまうのです。人を好きになるのは誰にでもありうることです。しかし、それが病的な執着まで変化するには具体的な原因が存在します。...

思わせぶり女性のアプリ対策

そもそも、特別な関係でない男性を勘違いさせたらダメです(笑)

なので、下の言動、行動は慎みましょう。

  • 相手に気があるような言動
  • 相手の前で急にテンションを上げる
  • ボディタッチをする
  • 恋の駆け引きをする
  • 無理に良い人ぶる

僕の体験から想像するとこのあたりは気をつけるべきです。

あと、アプリならではの気をつけるポイントもあります。

カットアウトは危険

アプリの相手と関係を絶つためにはフェードアウトがありますが、その他にはカットアウトもあります。

  • フェードアウト・・・少しずつやりとりを減らして、最終的には関係を絶つこと
  • カットアウト・・・思い立った瞬間、いきなり関係を切ること(いきなりのLINEブロックなど)

ストーカー予備軍の男性をカットアウトするのはとても危険です。

想像してみてください、今まであんだけ気のあるようなそぶりを見せていて、いきなり拒絶されれば相手は動揺して、正気を失うかもしれません。

もし、相手が正気を失えばとても危険な状況になります。

なので、カットアウトしたい気持ちもわかりますが、危険なので控えましょう。

個人情報は大切に

個人情報は命に関わります。

まだ、親しい関係にもなっていない相手に自分のフルネームや詳しい住所、通勤に使う駅名などを教えてはいけません。

1つ気を付けて欲しいところは「LINE ID」です。

アプリのメッセージからLINEに移行するとき、LINE交換の方法を「自分のLINE IDを相手に教える方法」でLINE交換した人は危険です。

なぜなら、LINE IDと他のSNSのIDが同じになっている人が多いからです。

なので、もし既に相手にLINE IDを教えていて、他のSNSと紐付いている人は他のSNSを鍵アカにしてください。

そうすれば、個人情報が相手に伝わる可能性はほとんどなくなります。

もう知られていたら手遅れですが、、、(笑)

アプリの相手とLINE交換する方法を下の記事で詳しく説明しています。

マッチングアプリでのLINE交換は危険?【男女別に解説】マッチングアプリでマッチングした相手とのLINE交換の仕方って知っていますか?女性側からしたらあまりよく知らない男性とLINE交換は怖いし、男性側からしたら早く仲良くなりたいからLINE交換したいと思います。そのことについて僕なりの経験で記事をまとめてみました。...

丁寧なフェードアウト方法

具体的なフェードアウト方法は先ほど書いた、

  • メッセージの返信を2、3日後にする
  • デートを提案されても「今は仕事が忙しいから」と断る

これをしながら、

最後のシメとして丁寧なメッセージを入れるのがベストだと思います。

内容は、

突然の報告でごめんなさい。最近になって、アプリで知り合った他の男性とお付き合いすることになりました。〇〇さんには申し訳ないのですが、これで〇〇さんとのやりとりを終わらせてもらいます。今までやりとりをしてくださって本当にありがとうございました。

ぜひ、〇〇の部分だけ改変してテンプレとして使ってください。

もし、この後もしつこくメッセージを送ってくるようなら、既読無視、もしくはブロックしてしまいましょう。

個人情報さえバレてなければ、相手はどうしようもありません。

もし、個人情報がバレていて相手がしつこく行動をとってくる場合は、素直に警察に相談しましょう。

まとめ

基本的にアプリはフェードアウトだろうがカットアウトだろうが日常茶飯事です(笑)

僕なんて、デートを3回もドタキャンされましたが平常心です(嘘)

とにかく、女性の場合は用心に越したことはありませんので、

  1. 自分の個人情報を相手に教えない
  2. 粘着質っぽい相手を切る場合は先ほど説明した丁寧なフェードアウト

この2つさえ心掛けていたら面倒なトラブルを回避できるはずです。

ぜひ、快適なアプリライフをお送りください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です