蛙化現象

【蛙化現象】克服法は愛着障害を理解することにある

ホールデン
ホールデン
どうも、ホールデンです。

蛙化現象の克服法として愛着障害を理解することはとても重要です。

愛着障害を知らない方は下の記事で蛙化現象の原因についての書いているので、まずそちらを読んでみてください。

【蛙化現象】好きな人がだんだん嫌いになる原因は愛着障害にある?蛙化現象について説明しています。また、蛙化現象の原因を愛着障害の点で解説していますので参考にしてください。...

 

では、今回は蛙化現象の克服法についてまとめていきたいと思います。

ネット上にある蛙化現象の克服法は?

一応、この記事を書く前に蛙化現象について色々とググりました。

そこで出てきた蛙化現象の克服法は

  • 自分を好きになる
  • 自分を知る
  • 相談相手を見つける
  • 相手に期待しすぎない
  • 自分の魅力を知る
  • ハードルを上げない...etc

と、なっていました。

う~ん、もちろん一般的な恋愛をする上でこれらは大切な要素だと思います。

しかし、自分でも理解できない蛙化現象の「他人への拒絶感」は克服できないのではないでしょうか。

そもそも、ネットにある多くの記事は蛙化現象をまったく体験したことのないライターの人が書いている可能性があります。ただ他人の記事から情報を寄せ集めただけの内容がほとんどだと思います。

なので、今回は蛙化現象になった子からフラれた僕の経験から、蛙化現象の克服法をまとめていきたいと思います。

蛙化現象の克服法

【蛙化現象】好きな人がだんだん嫌いになる原因は愛着障害にある?蛙化現象について説明しています。また、蛙化現象の原因を愛着障害の点で解説していますので参考にしてください。...

上の記事でも紹介しましたが、蛙化現象とは愛着障害の回避型の症状です。

・安定型・・・温かく愛情深い。親密な関係を築くのが得意。

・不安型・・・依存しやすい。恋愛では不安に悩まされる。

・回避型・・・他人と距離を置こうとする。親密な関係は苦手。

回避型の人は他人との親密な関係が苦手で、ある程度の距離があいていないと他人を拒絶してしまう。

この回避型の性質を理解し乗り越えることが蛙化現象の克服法となります。

回避型の相手選び

愛着障害回避型(蛙化現象)の人の相手選びはとても重要です。この相手選びを誤ると何度も蛙化現象を繰り返すことになります。

蛙化現象を克服するためにも蛙化現象を引き起こしにくい相手を選ばないといけないのです。

基本的には愛着タイプが依存型・回避型の相手を避けて、安定型の相手を選ぶことです。

相手に依存する恋愛弱者【3つの愛着タイプ】恋愛では相手に依存するとダメだとよく聞きますが、依存してるほうも依存したくて依存しているのではないと思います。ただ、そうせずにはいられない何かがあるから依存しているのだと思います。今回はそのことについて記事を書いていきたいと思います。...

上の記事には愛着タイプが回避型と依存型の人の特徴が書いています。

安定型の10の特徴

  1. 常に態度が一貫している
  2. 物事を協力して決めることができる
  3. 恋愛に対して柔軟な考えを持っている
  4. 伝えるべきことを伝えることができる
  5. 衝突する時でも妥協ができる
  6. 頼ること、頼られることができる
  7. 付き合うと長い
  8. 親密になることに抵抗がない
  9. 友達や家族にも交際を伝えることができる
  10. 恋の駆け引きをしない

どうでしたでしょうか。結構参考になったのではないかと思います。

一番手っ取り早いのは相手の過去の交際期間を聞くことです。過去に長く付き合った経験のある人は安定型の確立がかなり高いです。逆に、交際期間が短かったり付き合ったり別れたりを繰り返していたら注意が必要です。

もし、相手が過去の交際経験がない場合は他の要素を組み合わせて総合的に判断しましょう。

回避型に人はこのような特徴の安定型タイプの相手探しをしましょう。

回避型の関係の築き方

  1. 少しずつお互いの距離を縮める
  2. 相手に蛙化現象を理解してもらう

まずは少しずつ親密度を高めることです。

回避型の人はなんといっても「距離感」が大きなトラブルを生んでしまうので、お互いの距離感を徐々に縮めることです。

下の記事でも紹介していますが恋愛は心と体の距離を同時に縮めることが重要です。このどちらか一方だけ縮めても、よい恋愛関係は築けません。

だからこそ、すぐに体を許す女性は恋愛では上手く行かないし、LINEだけで仲良くなった気になる男性は振られるのです。

恋愛弱者の六大原則いつも恋愛で上手くいかなくて悩んではいないですか?この記事では恋愛でよくある失敗を3つに絞り、その失敗にたいしての対策を3大原則として書いています。ここを知らずに恋愛を挑むと何回も同じ失敗をしてしまうことになりますので、今のうちに理解しとくのがベストです。...

次は相手に蛙化現象を理解してもらうことです。

なかなか、一般人には理解に苦しむのが蛙化現象です。以前、僕はあるツイートを発見しました。

結構、手厳しいですね(笑)

心の専門家ですらこういう考え方の人がいるので、蛙化現象を素直に受け入れてくれない人も多いと思います。まあ、一度相手に蛙化現象についてググってもらって、蛙化現象で苦しんでいる人がきちんと存在することを分かってもらいましょう。

それでも理解できないといわれた時はその相手を切るしかないですねぇ。

相手を理解しようとしないそのような人とはどのみち上手く恋愛関係を築けるとは思いません。

回避型の対処療法

とはいえ、これから関係を築いていく時に蛙化現象がぶり返してくる時があると思います。

その時の対処療法は「クイックマインドフルネス」です。

クイックは早いとかの意味で、マインドフルネスとは瞑想のことです。よくお坊さんがしているのをイメージできると思います。何を隠そうお坊さんがマインドフルネスをする理由は一切の生きる苦しみから逃れるためなのです。そのお手軽版がクイックマインドフルネスだということです。

もちろん、きっちりと瞑想を学んで取り組んだほうがいいのですが、そうなると人生の大部分を瞑想に注がなくてはなりません。さすがにそれは現実的ではないので、僕はクイックマインドフルネスをすすめます。

なので、蛙化現象で辛くなったときはクイックマインドフルネスで辛さを取り除きましょう。

やり方や説明は下の記事で紹介しています。

マインドフルネスで心の安定を手に入れるマインドフルネスを実践する前に、クイックマインドフルネスを実践することをおすすめします。この記事ではクイックマインドフルネスの具体的な方法について書いています。...

今を生きる

回避型の人は幼少期の両親の育児経験から愛着障害を抱えています。

赤ちゃんの頃、両親があなたの要求に無視をしたりあなたとの距離を置いていたのです。あなたは両親から愛情を受けることができず失望します。「もう他人の愛情なんていらない、ひとりで幸せになるんだ」というような決心を幼いながらにしたのではないでしょうか。

そうこうして大人になったあなたは世間一般の人と同じように、誰かと付き合い結婚しようとします。最初は上手く関係を築くことができていたが、しだいに幼少期の頃の感覚が蘇ります(蛙化現象)。

「ひとりで幸せになるんだ」

そうしたら、自分でもわからないけど相手のことが嫌いになり無理やり相手と別れます。そこで、一応ホッとするのですが「自分は何をやっているのだろう」と、ふと我に返るのです。

「幸せになりたくて相手と付き合って結婚したのに、自らそれを壊してしまっている」

まさに自己矛盾です。

そこで僕は思うのです。

蛙化現象の原因は過去にあります。

しかし、あなたは今を生きていて、幸せになるために誰かと関係を築きたいと思っています。

  • 過去 蛙化現象=一人で生きる
  • 今  幸せになりたい=誰かと生きる

重要なことは過去を変えることはできないということです。

過去を変えて幸せになることは現実的に不可能なのです。過去の幻想をフラッシュバック(蛙化現象)させて悲劇のヒロインになってもそこに幸せはありません。

なら、あなたは今を生きるしかないのです。

過去の幻想を断ち切り、「今」最大限の幸せを追求する。

そういった生き方を目指すのが蛙化現象を克服する方法ではないでしょうか。

まとめ

どうでしたでしょうか。

蛙化現象は世間であまり認知されていないようですが、これからの時代は共働き世代が当たり前になり愛着障害を抱える人も増えてくるんではないかと思います。

とはいえ、現代の社会状況に文句をいっていても仕方ありません。

自分の幸せは自分で掴むしかないのです。空から幸せが降ってくることなんてありません。自分なりにできることをコツコツ積み重ねて幸せになりましょう!

要点まとめ
  • 愛着タイプが安定型の相手を選ぶ
  • 少しずつお互いの距離を縮める
  • 相手に蛙化現象を理解してもらう
  • 辛いときはクイックマインドフルネスで対処する
  • 今、最大限の幸せを追求する

Q&Aコーナーの相談窓口となるメールアドレスはこちらです

holdencaulfield9191@yahoo.co.jp

気軽にメールしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です