失恋

【体験談】辛い失恋から立ち直る方法「残酷な現実を受け入れる」

どうも、ホールデンです!

僕は以前、大きな失恋を経験しました。そのときの経験からこの記事を書いていきます。

下のツイートを読んでください。


辛い失恋をすると「もうこれ以上の人と出会うことはない」って思いがちなんですよね。

でも実際、そんなことはないんです。

今、あなたは辛い失恋をしているかもしれないけど、以前もそういった失恋を乗り越えてきたはず。だから、今回もきっと乗り越えられます。

初めて失恋を経験した人も同じです。乗り越えられない壁はありません。

少しはバランスを崩したけど、昔のようにゆっくりと進んでいきましょう。

辛い失恋から立ち直る方法「残酷な現実を受け入れる」

よく映画や小説、音楽で辛い失恋を題材にしていますが、現実の失恋はもっとダイレクトに辛いものです。

その残酷な現実(失恋)から立ち直る方法を下の順番で説明していきます。

  1. 残酷な現実を受け止める
  2. 失恋の辛さを和らげる5つの対処療法

残酷な現実を受け止める

失恋した直後は色々な妄想をしてしまのが人間です。

好きだった相手から連絡がきそう、もしかしたら、今、あの人は復縁を考えているのかも、、、

などの希望(妄想)をことあるごとに抱いてしまうのです。

しかし、断言します。

それら希望は薬物中毒者における麻薬のようなものです。失恋直後の人間は小さな希望にすがるよう本能が求めているのです。

実際のところ、復縁なんてのは宝くじに当たるようなもので、そんな非現実的なものを追い求めていても、あなたの人生は前に進みません。

ずっと停滞し続けるだけです。

もし、今すぐきっぱりと前の相手をあきらめて新しい恋を探せば理想の人と出会える可能性もないとは言い切れないのです。

ですが、今すぐ失恋の相手をあきらめろなんてドライなことは僕も言いません。

なので一度、復縁などの希望的観測は心の奥にあるタンスにしまっといてください。不確実な希望にすがるよりは残酷な現実を受け入れたほうが圧倒的に早く失恋から立ち直れるからです。

辛い失恋から立ち直ることは自分の心を癒す旅でもあります。そんな旅に復縁なんて重い荷物は背負わないでください。

  • 失恋時における希望は麻薬のようなもの
  • 希望を追い求める本能は無視する
  • 復縁などの希望的観測は心の奥にしまっておく

失恋の辛さを和らげる5つの対処療法

基本的に失恋は時間がたてば楽になるし、心の痛みもだんだんと小さくなっていきます。

しかし、現在の心の痛みを時間では解消できません。

なので、ここで説明するのは現在の心の痛みを解消する5つの方法になります。

失恋から立ち直る本質は、過去に向けられた思考を今に向けなおすことです。

もし、これら対処療法が「自分に合わないなぁ」と思ったら、スルーしてもらってかまいません。自分に合った方法だけ選んでください。

5つの対処療法

  1. クイックマインドフルネス
  2. ビジュアライゼーション
  3. 環境を変える
  4. 思考の回数を減らす
  5. 泣きたければ泣けばいい

クイックマインドフルネス

クイックマインドフルネスは一時的な感情の辛さを小さくしてくれます。

やり方は下になります。

  1. ゆっくりと右手を強く握り締め拳を作る(10秒)
  2. ゆっくりと左手を強く握り締め拳を作る(10秒)
  3. 握り締める強さが左右同じになるように調整する(10秒)
  4. 右の拳の力を半分にゆるめる(10秒)
  5. 左の拳の力を半分にゆるめる(10秒)
  6. そのまま握り締める力が左右同じになるように調整する(30秒)

一番大切なのは全神経をコブシに集めることです。

これによって過去の悲しみに向けられていた思考が現在の自分の手に向けられ、辛い思考が和らいでいきます。

詳しくは下の記事で解説しています。

マインドフルネスで心の安定を手に入れるマインドフルネスを実践する前に、クイックマインドフルネスを実践することをおすすめします。この記事ではクイックマインドフルネスの具体的な方法について書いています。...

ビジュアライゼーション

ビジュアライゼーションとは、直接見ることのできない事柄や現象、関係性などをイメージすることをいいます。引用元:ビジネス心理学

要するに、「自分の明るい将来をイメージしましょう」ということです。

辛い失恋すると思考が暗いイメージであふれていて、明るい将来を描けなくなっています。

そうなると実際に暗い人生を歩むことになるので気をつけましょう。

ビジュアライゼーションのコツは下になります。

  • はっきりとした映像をイメージする
  • 五感もきちんとイメージする
  • 自分が何かに(仕事、学業、趣味)に打ち込んでいる物語をイメージする
  • 失恋の相手は登場させない

環境を変える

これが一番の定番なのではないでしょうか。

失恋で辛い思考を変えるには環境を変えるのが一番、手っ取り早いと思います。

具体的には、

  • 旅に出る
  • 失恋相手とは物理的に顔を合わせない(異動、転職など)
  • 新しい何かに挑戦してみる(仕事、趣味、人間関係)
  • 失恋相手を生活から排除する(LINEで相手のアカウントを非表示、SNSではフォローをはずすかミュート、思い出の写真はフォルダもしくは引き出しの奥の奥の方に隠す)

思考の回数を減らす

辛い失恋から立ち直るにはネガティブになった思考を変えることです。

しかし、今すぐポジティブな思考に完全に変わることはほぼ不可能だと思います。

なので、そもそもの思考を減らしてしまいましょう。

おそらく失恋で辛い人は世界で一番の悲しみを背負っていると思っているでしょう。言うまでもないですけど、もちろんそんなことはありません。

広い宇宙から見れば自分なんてちっぽけな存在だし、そんな自分の悩みなんて「無」に等しいのです。

つまり、無限に大きな宇宙をイメージして自分のちっぽけさを相対的に(宇宙と比べてみて)感じてみてください、という提案です。

結果、「自分の思考なんて意味がないな」と思い、思考自体が減っていくことでしょう。

宇宙に思いをはせる(笑)習慣を持つと、生きるのが少し楽になってきます。

ぜひ、試してみてください。

泣きたければ泣けばいい

実際、こんな偉そうなことを書いている僕も辛いときは散々、泣いてきました(笑)

なので、泣きたいときは泣きまくってもいいのです。

泣くという行為は悲しい感情があふれそうなときに行う行為。

悲しい感情が涙として外に出ていったら、少し心も楽になっています。泣くという行為はいわゆるセラピー(自浄作用)みたいなものなのかもしれません。

また、相手のネガティブ(悪いところ)リストをスマホにメモっておいてください。失恋すると相手を美化してしまいがちですが、それは失恋が長引くだけです。

時々、相手の悪いところを思い出し、自分の中で失恋を正当化していきましょう。

77億分の1

現在、世界の人口は77億人といわれています(参照元:国際連合広報センター)。

なぜ、この数を出すのかというと「チャンスはあと77億回ある」ということです(昨今の恋愛に年齢、男女の壁はなくなってきていると思うので77億回です)。

こんだけチャンスがまだ残っているのに一回の失敗にこだわるのは大きな機会損失に他なりません。

ベストパートナーではなかったからお互い別れたんだということを受け入れ、過去をくよくよと考える回数は減らしていきましょう。

まとめ

ここまで色々と僕の考えを書き殴ってはきましたが、実際に辛い失恋に直面している人には慰めにもならないかもしれません。

なので、僕からの最期のアドバイスとしては自分を一番に大切にしてください。

もし、何ヶ月も辛い状態が続くなら「心療内科 地元名」でググって、専門家の指示に従ってください。

一日でもあなたが早く立ち直れることを祈っています。

【2019年9月最新版】マッチングアプリのおすすめランキング

恋人が欲しいなら手っ取り早く自己投資

 

ホールデン
ホールデン
記事を読んでいただきありがとうございます!もしよろしければ、あなたのコメントを残してください。↓↓

ホールデンが泣いて喜びます(笑)

誹謗中傷や荒らし行為、公序良俗に反する内容など、他の利用者が不快に感じる投稿は削除させて頂く場合がございますのでご注意ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。